認知症になってもつながる街に

地域の認知症

「65歳以上の4人に1人が認知症またはその予備軍」とされる超高齢社会。だれにもその可能性があり、とても身近なものだと捉えておけば、家族に変わった様子がないか、近所に困っているお年寄りがいないかと自然に考えることができます。恐れず、恥ずかしがらず、隠さない理解を地域に広げていくことが大切です。

恩返しの樹

病院勤務医時代から、熱意ある医療・介護従事者や行政の方にたくさん出会いました。お世話になった市立豊中病院、豊中市医師会へ、豊中という地域へ恩返しをしたい。病気によって様々な問題を抱える患者さんを多職種によるチームとして支えていきたい。病状を把握し先読みして、ご本人だけでなくご家族にも対応したい。地域にしっかりと根を下ろし、連携していきます。