大阪市内の旭区の区民講座で認知症をどうとらえるか、認知症の症状、家族の心構えと対応についてお話させていただきました.内容は昨年秋に千里中央での講演に少し変更を加えたものです.新薬の開発は日々行われていますが、症状、家族の心構え、対応の工夫はそんなにどんどん変化するものではありません.

一度聴かれた方は忘れた頃に(!)また聴いていただければよいのではないかと思います.

開院してあと2ヶ月で3年になりますがクリニックで約1500人、前職市立豊中病院時代に5000人近い認知症の方に出会いました.その中で患者さんやご家族から教えていただくことがたくさんありました.

認知症になっても家族や周囲の人から愛され、デイサービスに通うことを楽しみ、診察はいつも笑いに包まれる方がおられます.

講演では「幸せな認知症ライフのために ~5年、10年先を見据えて~」と題して、これからなる人、今まさに介護している人のためにその極意をご紹介させていただきました.

IMG_5581