少路包括支援センターの地域教室「知ってあんしん♪認知症」ということで、北緑丘団地にある集会室で認知症について市民の皆様にお話させていただきました.

ご本人のこと、ご家族のことに思いを馳せて涙される方もおられました.

現在の医学では進行性の認知症を完全に治すことや元通りにすることはできません.

だからこそ環境や周囲の方との関わりが大きな意味をもちます.

たとえ認知症になっても適切な支援があれば幸せな人生を送ることができます.

適切な支援とは…「居場所」「役割」「話し相手」です.

 

北緑丘地域教室