市立豊中病院が医療・看護・介護・福祉関係者を対象に年5回開催している緩和ケア勉強会にお招きいただき、「在宅心療医が語る精神症状と緩和ケア」というタイトルで講演を行いました.医師、看護師、薬剤師、ケアマネージャー、介護関係者等121名が参加され、せん妄と認知症のちがい、認知症も緩和ケアの対象であることなど理解を深めていただけたようです.市立豊中病院は医師人生の半分以上を過ごした場所であり、久しぶりに昔の仲間と会うことができ良き時間を共有することができました.

 

DSCN1654