クリニック紹介

受付カウンター

天井と足元の淡いオレンジ色の光は、夜にモノレールから見るときれいです。待合室のソファーには、還暦のお祝いに使用される赤色を採用。暦(こよみ)が還(かえ)る、すなわち一種の生まれ直しであると意義づけられていて、新たな出発を応援する意味にも当てはまると考えました。

待合室(壁ぎわ)

他の方とお顔を合わせたくない方のために、窓際にはカフェのように外にむかって椅子を配置しています。テーブルは可動式になっていて、地域スタッフとの会議やミニ講演会の時などには移動して使用することができるようにしています。

待合室(ブックラック)

スタッフおすすめの本が並んでいます。診察の前後にぜひソファでくつろいで、ごゆっくりお読みください。

診察室

窓から光が差し込む明るい部屋です。電子カルテを導入しており、病院と同様にMRI画像などもPC画面で示し、過去のものと比較したりしながらご説明いたします。緊張をやわらげるよう、あたたかみある暖色系のチェアを選びました。

診察室(書棚)

書棚には、市立豊中病院勤務時代に開催していた事例検討会「わの会」から送られたプリザーブドフラワーや、本物とよく見間違えられる美しいハスの造花を飾り、白を基調とした清潔感のある空間にしています。

心理検査室

心理士が常駐している部屋です。さまざまな認知機能検査を実施したり、相談業務を行います。プライバシーが守られ、安心してお話しいただくことができます。リラックスして検査やご相談に臨めます。

処置室

採血・点滴・心電図検査などを行います。リクライニング式の点滴椅子は、患者さんの起き上がりが楽なようにと考え、採用しました。やさしいラベンダー色のシートが花を添える明るい空間です。

お手洗い

木目調のインテリアと間接照明を利用した、落ち着いた雰囲気になっています。

英字ポスターに隠された心がけ

「KEEP CALM and CARRY ON」。待合室と診察室からご覧いただけるところにあります。「日々色々なことがあっても、冷静にするべきことをし続けよう。」と訳される有名なポスター。職務にあたるうえで、心がけている言葉として掲げました。平常心を失った時、励まされるような気がしませんか?

名前のよしみが生んだつながり

同じ名前を持つ「社会福祉法人 なごみ」さんが焼くクッキーがとても美味しく、開院時の記念品としてオーダーしたことがきっかけで、仲良くさせていただいています。特に、国産レモンの皮と果汁が入ったレモンクッキーが一番おすすめです。

ロゴのコンセプトは「ハートフル」

基本モチーフのN

基本のモチーフは、なごみのアルファベットの頭文字「N」です。Nの文字を、心を意味するハートマークの一部に見立てて、患者さんとご家族に寄り添い、ケアしていくハートフル(心温まる)なクリニックであることを表現しています。